ごあいさつ

ごあいさつ

加西砕石株式会社は、平成7年より産業廃棄物の中間処理に携わってまいりました。
また、平成10年より建設副産物の再生を伴う改良土の製造販売も始め、人に環境に
やさしいエコを目指し、あらゆる分野でその目を活用できるよう循環型社会づくりに
励んでまいります。

今後とも、皆様方のご支援とご協力のもと、さらなる技術の向上と充実を図り、邁進
していく所存です。弊社に対するより一層のご指導、ご鞭撻を賜わりますようお願い
申し上げます。

代表取締役 高見 英男

事業内容

事業内容

景気が低迷する中においても、建設現場からは多量の建設副産物が発生しています。弊社はこれらを再資源化し、有効利用を図るために事業を展開しています。建設廃棄物(コンクリートガラ、アスファルトガラなど)は
再生砕石として、また、建設発生土は改良土として、再生資材を提供することで、再資源化施設として社会に
貢献していきます。

  • 産業廃棄物中間処理

    従来より、資源の再利用という目的で、建設工事には再生砕石を
    使用することが定着しています。現状では、下水道工事(埋戻し材)、
    水道工事(埋戻し材)、基礎工事(基礎砕石)、道路工事(路盤材)、
    太陽光発電(路盤材)等、様々な分野で再生砕石が使われています。

    ○許可番号:
    第 02825032103 号
    ○許可日:
    平成7年7月18日
    ○事業の区分:
    中間処理(破砕)
    ○廃棄物の種類:
    1. ガレキ類
    2. ガラスくず、コンクリートくず及び、
        ガラス陶磁器くず
    3. ガラスくず、鉱さい(無害に限る)
    ○場所:
    兵庫県加西市山下町2354番地の12
    ○方法:
    廃棄物を破砕選別し、再生砕石(路盤材)として販売
    ○能力:
    800t/日(8時間稼働)
    ○許可品目:
    1. ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
    2. 鉱さい(無害に限る)
    3. がれき類(石綿含有産業廃棄物を除く)
    ○事業区画:
    約9,950㎡
    [産業廃棄物受入れ品目]
    • ①コンクリート殻(無筋、無筋大、鉄筋、 二次製品)
    • ②アスファルト殻(As殻塊、切削)
    • ③石類(延石、庭石、間知石、他)
    • ④黒瓦、赤瓦、タイル
    • ⑤鉱滓(スラグ類、各工場からの副産物)
    • ⑥ガラス、陶磁器くず
  • 改良土の製造・販売

    引受けた通常の建設残土は、水分調整の後、砂質度、シルト質土、粘性土
    ごとに混合し、固定式プラントで粒度調整と安定処理を行い改良土と
    なります。品質的には、CBR20以上の安定した建設材料に仕上がります。
    現在、道路路床、造成用盛り土材以外にも、様々な分野で普及するよう
    努力しています。

    ○改良土製造プラント設置
    平成10年11月
    ○処理能力:
    中800t/日
    ○プラント面積:
    250㎡
    ○生産品目:
    1. 改良土 0~100mm 2. 改良土 0~30mm
    ○改良土集積場:
    約4,000㎡
    ○引受土砂集積場:
    約8,500㎡

  • 建設残土の引き受け

    砕石場の跡地利用により、建設発生土を引受けておりますが、限りある
    処分地を守るため、また、資源の有効活用を図るために、改良土、造成地
    への流用土等、建設発生土の再資源化を進めるように努力しています。

    • 1. レキ、砂質土(土質区分第1種建設発生土)は大塊異物を除去し、
          再利用します。
    • 2. 上記以外の土砂(土質区分第2種~第4種建設発生土)は安定処理し、
          改良土とします。
    • 3. 水分の多い建設発生土は、天日乾燥し、後日安定処理し改良土
          とします。
    ○処分地登録:
    平成5年11月
    ○処分地面積:
    約13,000㎡

  • 各種製品(路盤材・盛土材)の販売

    弊社は、再生路盤材RC-40を製造販売しているほか、上層路盤材
    粒調砕石M-30盛土材として自社山から採取している山ずれ、
    改良土0-100・改良土0-30、園芸・植栽用として使用する山土0-10、
    真砂土などを販売しております。

    • ①再生砕石:0-40
    • ②粒調砕石:0-30
    • ③改良土:0-100、0-30
    • ④山土(盛土、造成用)振土(園芸、植栽用)
    • ⑤小栗:40-80
    • ⑥スクリニングス
    • ⑦再生瓦(黒瓦再生、赤瓦再生)
    • ⑧各種鉱滓
    • ⑨砂
    • ⑩刃金土

  • 一般貨物運送事業

    産業廃棄物収集運搬業全般、各種製品(上記参照)の運搬、配達
    だけではなく、京都府、岡山県などの収集運搬も含め、幅広い
    事業を展開しています。

  • 一般土木建設業

    自社保有の重機、ダンプトラック、各種製品を活かし、造成工事を
    主体とした一般土木建設業を展開しています。
    各種 造成、盛土工事、それに付随する構造物、法面成型も含め、
    より一層の事業展開を目指します。

会社概要

会社概要

  • 商号

    加西砕石株式会社
  • 代表者

    代表取締役 高見 英男
  • 本社所

    兵庫県加西市山下町2354番地の12
  • 資材置場

    兵庫県小野市粟生町1506番地の34
  • 設立

    昭和52年5月27日
  • 資本金

    10,000,000円
  • 建設業者
    登録番号

    兵庫県知事許可
    (般-18)第352190号
  • 産業廃棄物
    許可番号

    第02825032103号
  • 産業廃棄物
    収集運搬

    兵庫県、京都府、岡山県
  • 営業品目

    • 産業廃棄物中間処理業
    • 建設残土引受
    • 各種製品販売
    • 一般土木建設業
    • 一般運送業
  • 従業員数

    • 役員3名
    • 正社員12名
    • アルバイト、パート1名
  • 取引銀行

    • 播州信用金庫 北条支店
    • 但用信用金庫 加西支店
    • 兵庫県信用組合 加西支店
    • 三井住友銀行 北条支店
    • みなと銀行 加西支店
  • 総事業
    区域面積

    本社:53,000㎡
    資材置場:11,000㎡

  • TEL

    0790-46-0316
  • FAX

    0790-46-0099
  • E-mail

  • [沿革]
  • 昭和41年

    兵庫県社事務所と民間会社が
    委託契約をおこない、兵庫県
    北条砕石場を開設。

  • 昭和46年4月

    加西市と委託契約をおこない、
    加西砕石場となる。

  • 昭和52年5月

    法人設立
    加西砕石株式会社となる。

  • 平成元年12月

    砕石の生産を停止。

  • 平成5年11月

    残土処分地申請。
    建設残土引き受けを開始。

  • 平成7年7月

    産業廃棄物中間処理業許可
    再生砕石製造販売を開始。

  • 平成10年11月

    改良土製造プラント完成。
    改良土の生産を開始。

  • [保有車両・保有重機]
  • 乗用車 ・ バン…計10台
    3tダンプ ・ 2t平…計2台
    10tダンプ…計4台
    バックホー
     CAT 320BLU、320DL No.1、320DL No.2、320DL No.3、320EL No.1、320EL No.2、320L、312C、312B、312D、303C
     コマツ PC200-8 No.1、PC200-8 No.2、PC200-6、PC200-3
    ホイールローダ
     CAT 962G、962H No.1、962H No.2
     コマツ WA-470 No.1、WA-470 No.2
    ブルドーザ
     CAT D5、D6、D8
    その他 構内車両あり
アクセス

アクセス

加西砕石株式会社

中国自動車道 加西ICより約10km

山陽道 加古川北ICより約10km